1. イワキメガネ トップページ
  2. スペシャル
  3. メガネ日和
  4. Staff report vol.10 横浜ランドマークプラザ店 室住

メガネ日和

メガネ日和、第10回は横浜ランドマークプラザ店の室住がお送りします。ほかとはひと味違う注目のブランドと、女性にオススメのメガネをご紹介します。

“いつものメガネ”に飽きたら、少しだけ冒険しませんか?

  • フレームの薄さで差がつく「スタファン プロイツ デザイン」。

    私のイチ押しは、「スタファン プロイツデザイン(インフィニティー)」というスウェーデンのブランドです。TVでタレントさんが愛用しているのをよく見かけますが、パッと見ただけでも「あ!スタファン プロイツ デザインだ!」とわかるほど、特徴のあるブランドなんです。

    その特徴とは、ペラペラと言ってもいいくらい、薄いフレームです。樹脂のフレームで、ここまで薄いメガネはなかなか見つかりません。掛けてみると、その薄さがほかにはない、スタファン プロイツ デザイン特有のものだということがわかります。

    一方で、デザインはシンプル。個性的になり過ぎず、掛けやすいメガネなので、今までと少し違ったものが欲しい方にオススメです。きっと周りの方から言われると思います。「メガネ、変えた?」って。

  • 薄くて軽いのに、とても丈夫。
    自分で使って、そう実感しました。

    実は、初めてこのブランドのメガネを手に取ったとき、「こんなに薄くて大丈夫なんだろうか?」と心配になりました。でも実際に自分で使ってみると、そんな心配は吹き飛びました。うちには2歳の息子がいるのですが、子どもに何度投げられてもまったく壊れないくらい、丈夫なんです。

    その秘密は、フレームに使われている「NXT」という樹脂にありました。米軍が開発した防弾用の樹脂です。薄くても強度があり、弾力性にも優れています。さらに、とても軽く、掛け心地がいいんです。

    スタファン プロイツ デザインは、そんな機能性と、ほかにはないデザインを楽しめるブランドです。3月に新作が発表されますので、ぜひ店頭でご覧になってください。私も自分用に1本手に入れようと思っているところです。

女性のライフスタイルに合わせて、おすすめのメガネをセレクト。

  • 私が厳選したのは、この3本!

    私が勤めるランドマークプラザ店には、女性よりも男性のお客様のほうが多く来店されます。オークリーなどスポーツサングラスの品揃えが豊富だからかもしれませんが、もちろん女性向けのメガネも幅広く取り揃えています。

    その中から私、室住がセレクトした、女性にオススメの3本をご紹介します。

  • おしゃれを楽しみたい女性は、
    透明感あふれるカラーのメガネを。

    最初の1本は「スタファン プロイツ デザイン」からセレクトしました。樹脂のフロントフレームとチタンのテンプルを組み合わせたシリーズのモデルです。
    透明感のあるピンク色は、ファッションのポイントとしても一役買ってくれそうです。サイドがすっきりしたデザインのため、軽やかな印象。キラキラしたスワロフスキーがあしらわれていているのも、おしゃれですね。

  • 小さなお子さまのいる女性には
    「壊れにくい」メガネを。

    小さなお子さまがいると、メガネを取られたり、曲げられたりすることが多いですよね。そんなときでも壊れにくいのが、強靱なチタンフレームの「リンドバーク リム」。店頭でのメンテナンスがあまり必要ないので、忙しいお母さんにオススメしたいです。
    豊富なカラーから好きな色を選べる点も魅力。フレームが細く目立たないため、どんな服にも合わせやすいですよ。

  • 遠近両用をお探しの女性には、
    あえてカジュアルなメガネを。

    女性の場合、「遠近両用だと思われたくない」という方が多いです。そこで、一般的な遠近両用のフレームより小さい、普通のメガネのフレームと組み合わせてご提案することで、遠近両用レンズを楽しんでいただいています。その中でも「ポールスミス」のメタルフレームは小ぶりでカジュアルな雰囲気なので、オススメですね。
    落ち着いたカラーで顔馴染みが良く、テンプルの内側が花柄になっているので、隠れたおしゃれも楽しむことができます。

  • そのほかにも、女性のご要望に合わせた様々なメガネをご用意していますので、ご興味のある方はぜひご来店ください。個人的には、お客様が今まで手に取らなかったタイプのメガネの中からお似合いになるものをご提案し、喜んでいただければ、と思っています。

プライベートでは、2歳の息子と遊ぶとき、
安心して掛けられるメガネを選んでいます。

  • 丈夫で、しかもデザイン性の高い
    ブランドのメガネがお気に入りです。

    2年前に子どもが生まれて以来、「趣味は子育て」と言ってもいい程、子どもと一緒の時間を楽しむようになりました。平日の休みに子どもと公園に遊びに行くと、たくさんの親子連れの中で「お父さん」は私くらいですから、ほかのお子さんの相手をすることもあるほどです。

    そういうときに掛けるメガネは、やっぱり丈夫なものでないと不安です。太めのセルフレームが気に入って購入した「オークリー」は耐久性にも優れているので、いちばん安心して掛けられますね。

    先にお話した「スタファン プロイツ デザイン」も、とても丈夫で、よく掛けています。デザインもいちばん好きなものなので、仕事用としても活躍してもらっています。

  • やんちゃなお子さまたちから
    メガネを守るには…

    ここで、やんちゃな子どもたちからメガネを守る方法をご紹介します。小さなお子さまと遊ぶとき、メガネを壊されないようにするコツがあるんです。

    お子さまの片手がメガネにかかったら、もう片方の手を素早く押さえましょう。メガネは、左右のテンプルを同時に引っ張ったり、力を加えてねじったりすると壊れてしまうので、お子さまが両手でメガネを持てないようにしてあげることが大事なんです。片手を押さえる。これで、ひとまずは安心です。
    とは言え私の息子はまだ2歳で、いろいろ興味を持つ時期なので、油断はできません。

    このように、いろいろ大変なことも多いですが、子どもがかわいいと思える今が幸せだと思います。
    大きくなったら、私が学生時代に楽しんだ熱気球を体験させてあげたいですね。昔、雪の日に乗ったことがあるのですが、急降下したときに雪がふわーっと舞い上がっていってとても印象的でした。ほかにもいろいろ素晴らしい体験ができますから、息子を連れていきたいですね。

    その頃には自分の時間がもう少し増えていると思うので、趣味の読書を満喫できればなぁと考えています。もちろん、お気に入りのメガネを掛けて。そのときの自分は、どんなメガネが似合うんでしょうか?それがどんなメガネであれ、私はメガネを楽しんでいるだろうなと思います。

NEXT メガネ日和

  • 次回はたまプラーザ東急店の桑原さんです。入社前の店舗見学に行った先で、あんな社会人になりたいなぁと思わせてくれた方です。今は店長として活躍されているので、いろいろなお話が聞けると思います。