メガネ日和

メガネ日和、第12回は青山店の小川がお送りします。秋の行楽先で、快適にお過ごしいただける機能レンズをご紹介いたします。私も、趣味の釣りや“街猫”の撮影で活用しているんですよ。

機能レンズで、秋のお出かけを楽しんでいただきたいです。

  • これからの季節、
    まだまだサングラスが活躍します。

    秋が深まるにつれて過ごしやすくなりますから、お出かけの機会が増えるかと思います。秋晴れの下、スポーツやレジャーを楽しみたくなりますよね。

    ただ、過ごしやすい気候とはいえ、日差しはまだまだ強い日が続きます。まぶしさ除けのサングラスは何かと重宝しますから、1本お持ちになるといいですよ。私はシーンに応じていろいろなレンズのサングラスを愛用しております。

    おすすめは、特定の波長や雑光をカットして目の疲れを軽減させ、視界をクリアにするなど、単にまぶしさ除けだけではないプラスアルファの機能が加わったレンズです。ここでは、いま注目の3タイプのレンズをピックアップしました。よろしければ参考になさってください。

スポーツやレジャー、街歩きがもっと快適になります。

  • 風が心地よい秋のゴルフ。専用レンズでスコアアップはいかがですか。

    今年(2010年)の春、誕生したばかりの機能レンズからご紹介いたします。コダック製の「ゴルフアイズ」というゴルフ専用の防眩フィルターレンズです。グリーンの起伏や芝目がハッキリ見えると、お客様から好評なんです。特にゴルフ上級者の方ほど、このレンズでスコアが良くなったとおっしゃいます。わずかなコースの読み違いがスコアを左右するからかもしれませんね。

    天候に応じてレンズカラーもお選びいただけます。パープル系グレーは快晴用、ピンク系グレーは曇り用、ブラウン系グレーは全天候用。アジャスターが付いたアディダスのフレームと組み合わせれば、レンズの付け替えも簡単ですよ。

  • おいしい魚が釣れる、秋の海釣り。
    偏光レンズの使い分けがおすすめです。

    様々なスポーツやレジャーでお使いいただける偏光レンズは、乱反射を抑える機能レンズ。私も趣味の海釣りで操船するときは、コダック製の2色を愛用しています。

    ひとつは「スレートグレー」。強い日差しも海面の反射光も、しっかり防げます。もうひとつは、ルアーで狙うときに手元を明るくできる「クリムゾンピンク」。ハイコントラストで、ラインの反応や水中の擬似餌の様子が見やすいんです。海釣りなら、この2色ですね。ちなみに川釣りはブラウン系がおすすめです。

    偏光レンズの縁を見ると3層になっているのがわかりますが、真ん中の偏光膜が外部に触れないよう、縁ありのフレームをお選びください。あとはプラスチックやチタンなど水がかかっても腐蝕しにくい素材でしたら、どんなものでも大丈夫です。

  • お散歩には、機能とファッション性を備えた
    ダブルカラーの偏光レンズがぴったり。

    秋の街歩きを楽しまれるときも、偏光レンズのサングラスがあると快適です。ビルの間から差し込む太陽光や窓ガラスの反射光はまだ強烈ですからね。

    私のおすすめはコダック製の「ブラックブラウン」などダブルカラーの偏光レンズ。濃いカラー1色は重たい印象になりがちですが、2色のグラデーションなら軽やかな雰囲気になります。ファッショナブルな大きめのセルフレームにも合いますよ。

    女性でしたら、メイクやファッションに合わせてレンズカラーをお選びになってはいかがでしょうか。たとえば「ブラックピンク」は目もとを柔らかく見せてくれます。

    ほかにもイワキでは様々な機能レンズをご用意しております。青山店は緑豊かな赤坂御所が目の前で、自然光がさんさんと降り注ぎますから、実際の見え方を体験していただけるんです。お買い物がてら、気軽にお立ち寄りください。

  • 釣りとカメラと猫に夢中。
    趣味の時間に偏光レンズは欠かせません。

    7~8年前でしょうか、友人に連れていかれた湖釣りが思いのほか楽しく、いまでは川釣りから海釣りまで夢中になっています。最近ついに船舶免許まで取ってしまいました。この秋は2色の偏光レンズを使い分け、カンパチを狙いたいですね。

    もうひとつの趣味がカメラです。休みの日には街猫(猫好きは街にいる野良猫たちをこう呼ぶんですよ)の写真を撮りに行きます。先ほどご紹介したダブルカラーの偏光レンズを掛けていると、猫にもすぐ出会えるような気がしますね。

    オシャレにもつかえるので、ウインドーショッピングのときにもよく掛けます。仕事柄、ついディスプレイをリサーチしてしまうのですが、ガラスが反射せず、見やすいのも気に入っています。

  • 手に取って楽しいメガネが好き。
    いろんなデザインを集めています。

    プライベート用に購入するメガネは、思わず手に取りたくなるような楽しいフレームが多いですね。たとえば、極太のテンプルにサーモンピンクとブルーのタータンチェックが入った「カムロ」。ビビッドな色使いですが、意外と顔なじみがいいんです。カジュアルなスタイルの主役として愛用しています。

    また、六本木店にいた頃購入した「パラサイト」はちょっと変わったテンプルが特徴。耳に掛けるのではなく、細く柔軟性のある左右4本のテンプルで頭を挟むスタイルです。髪をアップにして、ヘアアクセサリー感覚で楽しんでいます。

    ほかにも様々なデザインのフレームを集めています。メガネはお洋服やヘアスタイルと違って、1本掛けるだけで手軽にイメージチェンジできるアイテム。仕事が終わったあと、メガネを変えて食事に出ることも多いです。

  • メガネチェーンを合わせて1本のメガネを何通りも楽しみたいです。

    この秋、挑戦したいのはメガネチェーン。1本のメガネを何通りも楽しめますから、さらにスタイルが広がりそうです。

    たとえば「オリバーピープルズ」のサングラスは、茶色いフェルトの帽子と合わせるつもりなのですが、エレガントな印象のチェーンにするか、ちょっとエスニックな雰囲気のチェーンにするか、迷っているところ。結局どちらも購入してしまいそうです。

    皆さまも、お手持ちのメガネのイメージを変えてみたいときに、お試しになってはいかがでしょうか。ファッションのポイントに取り入れて、この秋を楽しんでいただければと思います。

NEXT メガネ日和

  • 次回は船橋東武店の田中道夫さんです。
    ひとことで田中さんの魅力をお伝えすることはできません。パスタで例えるならアルデンテ。表面は弾力があり芯は歯ごたえがある、そんな感じです。ソフトな会話も楽しく、お客様からのとても人気があるんですよ。明るく好奇心旺盛、プライベートのお話も楽しみです。