1. イワキメガネ トップページ
  2. スペシャル
  3. メガネ日和
  4. Staff report vol.15 玉川高島屋SC店 佐野

メガネ日和

メガネ日和第15回は、玉川高島屋SC店の佐野がお届けします。ご紹介するのは、さりげなくおしゃれを楽しめる海外ブランド。スーツスタイルに遊びを入れるアイデアもお話いたします。

お客様のイメージの“半歩先”をご提案できたら。

  • 奇抜でも無難でもなく。心地よい新鮮さを感じていただきたい。

    2010年に玉川高島屋SC店に戻って参りました。新卒で配属されて以来、10数年ぶりです。恐れ多くも店長の役をいただき、お客様に支えられながら店舗運営に励んでいます。

    土地柄か、ご自分の好みをしっかりと持ったお客様が多いのですが、わたしが大切にしているのは、お客様が思い描くメガネの“半歩先”をご提案すること。掛けてみて違和感を感じない程度に新鮮な気持ちになっていただけたらと考えています。

    今回ご紹介するメガネも、そういった視点でお選びしました。まだ国内での取り扱いが少ない、海外のハイクラスブランド。本物志向の方にこそおすすめしたいクオリティにもご注目ください。!

素材やカッティング技術の差で印象が変わります。

  • 天然素材の「レオナルド・ディー」ならさりげなく贅沢な気分に。

    まずは、サイドフレームが特徴的なドイツ生まれの「レオナルド・ディー」。フレーム装飾に七宝やクリスタルを取り入れたメガネは多いですが、希少な天然素材をさりげなくあしらうのが上手なブランドです。

    たとえば、天然ダイヤモンドとマンモス象牙を組み合わせた、こちらのレディースモデル。ダイヤの小さな粒が縦に3つ、その横に艶やかな象牙のプレートが並びます。リッチな輝きや質感は嫌みがなく、デザインが主張しすぎないのでビジネスシーンでもお使いいただけます。


  • 繊細なカッティングの「バートン ペレイラ」。トレンドを上品に楽しめます。

    もうひとつご紹介したいのが、「バートン ペレイラ」です。アメリカのブランドですが、MADE IN JAPANにこだわっており、掛けたときにキレイに見えます。一見シンプルなセルフレームでも、内側にわずかに角度が入っているなどカッティングが秀逸。しっくりフィットします。

    今季人気のクラシカルなビッグフレーム・メガネも、このブランドが手がけると上品で洗練された印象です。わたしは勝手に“アンティーク・モダン”と名づけてお客様にご紹介しています。最初は30代から40代前半の方におすすめしていましたが、意外にも10代から60代まで幅広い世代の方に人気です。

    リーディンググラスや遠近両方としてもお使いいただけます。そうとは思えないおしゃれな雰囲気がいいですよね。


  • やりがいを感じるのは、お客様のこんなひと言。

    「わたしに似合うメガネ、ある?」初めてのお客様に、そう声を掛けていただくのは、販売員としての楽しみのひとつ。フェイスラインや肌色に合うかなど技術的な面はもちろん、その方のお好みや生活スタイルなどを探りながら“半歩先”のメガネをご提案します。ご購入後に遊びに来てくださったお客様から、「あのメガネよかったわ」「周りからの評判もいいよ」などと言っていただけるのも本当にうれしい。「佐野さんが異動しても本州の店舗なら行くわ」と言ってくださるお客様もいて感激します。

自分を磨くこと、楽しませること。どちらも大事に。

  • 弓道から教わることは、たくさんあります。

    オフの趣味は、大学時代から続けている弓道です。始めるきっかけになった師匠の言葉が今も忘れられません。「弓道は己を磨く武道である。弓道を上達させるためには己を磨き成長させなければならない。これは社会に出ても変わらないですよ」と。師匠をはじめ、道場には年配の方が多く、礼儀や言葉づかいから、柿のむき方まで(庭にたまたまあったんです!)いろいろ教わりました。

    静寂な空間で背筋を正し、的に向かって精神を集中させるのは自分を見つめ直す時間にもなります。一生できるものなので続けていきたいですね。


  • 洋服やメガネのちょっとした遊びで「気持ちをコーディネイト」しています。

    休日はショップ巡りも楽しみます。ファッションのトレンドや流行色がわかれば、お客様にトータルなご提案ができますからね。このネクタイリングも、馴染みの仕立て屋さんのおすすめ。スーツスタイルのアクセントとして重宝しています。ほかにもスーツの袖ボタンをひとつだけ色違いにしたり、シャツの袖口に刺繍を入れたり、ちょっとした遊びを取り入れています。これだけで気分が上がりますからね。

    ふだんのメガネ選びも同じです。服装やTPOに合わせるのも大切ですが、メガネは「気持ちをコーディネイト」することも出来ます。
    たとえば、いまいち元気が出ないときには赤いメガネを。鏡に映る自分を見るうちにだんだん元気が出てきます。そんなメガネの楽しさを皆さんにも感じていただけるように、これからも店頭でご紹介していきたいですね。

NEXT メガネ日和

  • 次回は、11月にオープンする辻堂テラスモール店の梅林さんです。
    梅林さんは玉川高島屋SC店で一緒に仕事をさせていただいた笑顔の素敵な女性です。
    新しいお店でも、持ち前の笑顔でたくさんのお客様を魅了されることと思います。