1. イワキメガネ トップページ
  2. スペシャル
  3. メガネ日和
  4. Staff report vol.17 川崎ラゾーナ店 斉藤

メガネ日和

メガネ日和第17回は、川崎ラゾーナ店の斉藤がお送りします。お客様と服の話で盛り上がることも多いほど、無類の服好き。
メガネと服のベストな組み合わせを実例でご紹介させていただきます。

この夏楽しめる、オン・オフのコーディネートを公開!

  • 「スタイリング・モデル=斎藤峰男」でお届けいたします!

    お客様にメガネをおすすめするときも、プライベートでメガネを掛けるときも、服との相性をわりと優先します。お顔に合う色や形ももちろん大切なんですが、ファッション先行で考えたり、トータルでどんな自分に見せたいかという視点で選ぶのも、いいと思うんですよね。

    そこで今回は、夏のオン・オフのファッションとメガネとのコーディネイト例をご紹介します。

    モデルはわたくし斉藤、服も私物で恐縮ですが、ではどうぞ!

オンは、仕上げのスパイス的にメガネをプラス。

  • 節電のオフィスでは、目もとからはじめるクールビズを。

    ストライプのシャツとチノパンの爽やかなコーディネイトに、「スタファン・プロイツ・デザイン」のメガネを合わせました。
    これにローファーを加えて少しプレッピーなテイストにしてもおしゃれです。
    ポイントとしては、服もメガネも明るいトーンで揃えることでしょうか。

    透明感のあるグレーのグラデーション・フレームは、涼しげな印象をプラスできます。いわば“目もとからはじめるクールビズ”ですね。

  • スーツスタイルの“外し”として小物で遊んでみては?

    チェック柄のメガネは「ラフォン」。
    カジュアルなデザインを、あえてオンで楽しんでいただきたいな、と。
    正統派のスクエア・レンズで色も落ち着いているので、意外と合わせやすいんです。

    たとえば、ブルーのボタンダウンに紺のチノパンなど、いわゆるビジネスカラーのアイテムと相性抜群。
    今回は、メガネに合わせてチェックのベストをチョイスしました。
    タイやチーフなど小物で柄合わせをするとまとまります。

オフのメガネは、名脇役にも主役にもなります。

  • “だらしないご近所スタイル”が
    メガネ1本で“おしゃれな街着”に。

    洗いざらしのTシャツと履き込んだデニムには、「オルグリーン」のメガネ。
    チタンのテンプルにレザーカットでコペンハーゲンの街並を描いた、遊び心のあるデザインです。

    夏はゆるっとカジュアルな格好を楽しみたいものですが、どうしてもだらしない印象になりがちですよね。
    そんなとき、すっきりとした端正なフォルムのメガネをひとつプラスするだけで、おしゃれな街着になる。メガネって、そういう面白さがあるんですよ。

  • サングラスを掛けこなすにはちょっとしたコツがあります。

    夏といえば、やっぱりサングラス。こちらの「ポルシェデザイン」は、色違いのレンズ2組付きで、ファッションや天候に合わせて付け替えを楽しめます。
    すっきりとしたティアドロップがまた渋いんですよね。
    ケースから何から、すべてがカッコいいです!

    こういうサングラスには、黒のTシャツにデニムといったワイルドなスタイルがはまります。ポイントはニット帽。
    深めにしっかり被ってください。
    わたしの経験上、長髪にサングラスは相性がいいのですが、短髪だとはまりにくいので、ニット帽でなるべくフェイスを隠してバランスをとっています。

メガネで友達の輪が広がったり、距離が縮まることも。

  • 相手の印象に残る 派手なメガネが好きです。

    普段から「ラフォン」の黒のビッグフレームをよく掛けます。
    顔が派手というか、はっきりしているので、個性的なメガネのほうが似合うんです。
    唯一、シンプルなのが、表側が茶色、裏側がブルーのフレームの「オルグリーン」。
    爽やかな印象を残したいときはコレです。

    でも基本は、派手なメガネが多いですね。
    あまりに派手で、電車の中で“二度見”されることも。
    友達からもよく突っ込まれますが、それが楽しかったりするんです。

  • 最近の趣味はダーツ。仕事の知識が役立つ場面も。

    前から飲み屋さんなどでちょくちょく遊んではいたのですが、遊びがエスカレートしてマイダーツを買うまでに。
    始めた頃は、仕事帰りに週4日もダーツバーに通っていました。

    バーでは他のお客さんから「いっつも派手なメガネしてるけど、なんの仕事してるの?」と聞かれ、交流が深まることも多いです。
    ダーツに必要な“利き目”の調べ方を教えたときは「さすがメガネ屋!」と喜ばれましたね。

    メガネってそうやってコミュニケーションのきっかけにもなるんです。
    顔の一番目立つところに掛けるものですからね。
    これからも「印象に残るメガネ」を気分に合わせて掛けかえ、楽しみたいと思います。

NEXT メガネ日和

  • 次回は、横浜ダイヤモンド店の斉藤一記さんです。わたしが所属しているイワキ・サッカー部の部長をされていて、仲間から頼りにされています。Jリーグ発足とともに出来たサッカー部は今年20周年、そんなイワキ・サッカー部の活動報告をさせていただきます。