1. イワキメガネ トップページ
  2. スペシャル
  3. メガネ日和
  4. Staff report vol.18 横浜ダイヤモンド店 斉藤

メガネ日和

スタッフレポートインデックスメガネ日和第18回は、横浜ダイヤモンド店の斉藤がお送りします。わたしが所属しているイワキ・サッカー部の活動の様子とおすすめのスポーツメガネをご紹介します。

イワキ・サッカー部の練習現場からお届けします!

  • 幅広い世代が集まる、大所帯の社内サークルです。

    イワキ・サッカー部は今年で20周年。Jリーグ開幕と同じ年に、当時の若手社員が中心となって設立しました。現在の部員は総勢30名ほど。20代前半が多いものの、上は40代後半まで、女性も多数在籍しています。

    わたしは入社1年目に同期に誘われて入部。そのまま部に定着しまして、今は三代目の部長を務めています。

思いきりプレーを楽しむなら「レックスペックス」。

  • 実は、サッカー初心者ばかり。でもプレーは真剣そのものです。

    こうして月に1度はフットサルコートで社内外のチームとリーグ戦を行い、年に1回合宿を開催しています。わたしを含め、部員のほとんどがサッカー初心者なのですが、ゲーム中はかなり真剣。全力でボールを追いかけます。

    とはいえ、楽しく和気あいあいがモットー。ムードメーカータイプの人が多いので、ゲームはいつも自然と盛り上がります。そのあとの打ち上げも、毎回異様に盛り上がります。

  • メガネをかけているほうがパスが通りやすい!?

    プレー中に愛用しているのは、アメリカ生まれの「レックスペックス」。バンド付きのゴーグルタイプです。普通のメガネだと接触して破損したり、飛ばされたりする危険がありますが、これなら安心。バンドで固定しているのでズレにくく、鼻やこめかみに当たる部分にクッションパーツを追加したので、衝撃を和らげることもできます。

    そして初心者にとっては「かけると目立つ」という点もポイント。パスを通すとき、ゴツめのゴーグルがいい目印になるんです。つまりパスが集まりやすいということ。その効果かどうかはわかりませんが、今回のゲームでゴールを決められました! よかった…。

「スポーツメガネってカッコイイ」と子どもたちにも大好評。

  • 人気モデルの新色を試してもらいました。

    レックスペックスには、子ども用もあります。球技の場合、ゴーグルタイプが主流ですが、最近はフレームタイプも増えてきました。こちらはその新色。赤にブルーを効かせたデザインがカッコイイですね。着用モデルは、サッカー部の応援に来たイワキ社員のお孫さんです。サッカーもメガネもはじめてとのことですが、どちらもサマになってますね。

  • シーンに合わせて使える「チェンジャブル・キット」

    フレームタイプのメガネをゴーグルに変更できるキットもあります。付属のドライバーでテンプルを外して、バンドに交換するだけ。「授業はフレームタイプ」「部活はゴーグルタイプ」といった使い分けができ、大変便利です。

お気に入りのメガネでスポーツを楽しもう

昔は「メガネでスポーツ」というとマイナスイメージが強かったのですが、今の子どもたちには概ね「カッコイイ」と評判。人気アニメにゴーグルをつけたキャラクターが出たことも影響しているようです。

選ぶときは、お子様の好きな色やユニフォームに合わせてもいいですし、親子でお揃いにするのもおすすめです。我がサッカー部の部員の中にも、同じモデルや色違いのスポーツメガネを親子でかけている者がいます。お揃いだと一緒に練習をするのも楽しくなりそうですね。

  • ウエアとメガネで“非日常”を演出。!

    皆さんもメガネでスポーツを楽しまれてはいかがでしょうか。競技や環境に適した機能・デザインのメガネを選ぶだけでなく、ウエアとメガネの組み合わせで遊んでみるのもコツ。サッカー部の部員も、派手なユニフォームに思い思いのメガネを合わせて楽しんでいます。夏合宿に向けて、ますます盛り上がっていきたいです。

NEXT メガネ日和

  • 次回は、ランドマークプラザ店の加藤さんです。六本木ヒルズ店で一緒に働きましたが、いつでも明るく、ハキハキしているとてもしっかりした後輩です。スポーツサングラスの多いランドマーク店でも、お客様に素敵な笑顔でわかりやすくご案内をしていると思います!