親子deメガネ体験記

お子さまに「初めてのメガネ」を作ることになったら…?大人用と違って、なにかと心配なことが多いですよね。
「子どもにはどんなメガネがいいのかわからない」と悩まれるお父さんお母さんはたくさんいらっしゃいます。
もちろん、お子さまご自身も初めてのメガネには不安を感じてしまうもの。
そこで、実際に子ども用メガネをお探しのお客様の体験レポートを通して、メガネ選びの流れやポイントをわかりやすくご紹介します。

メガネ選びの前に…

成長段階のお子さまの眼にとって、メガネは治療用具の役割もあります。
まずは眼科でお医者さんの適切な指導を受けましょう。

メガネ選びスタート!

楽しくおしゃべりしながら「視環境」を確認!

  • まずは、学校での様子や好きなことを話してもらいながら、メガネが必要なシーンを一緒に考えていきます。
    勇成くんは、黒板の字が小さくて読めない時があったり、少年野球の練習中に外野のお友達の動きが見えにくくなることがあるようです。
    また、お家での様子も大切なチェックポイント。
    普段お母さんが見ていて感じたことや、メガネに対する心配事、不安な点を伺います。
    メガネが必要なシーンを確認できたら、検眼ルームへ移動しましょう。

    POINT

    • 「視環境」とは目を使う状況や場所のこと。
      どんなシーンでメガネが必要なのか一緒に考えましょう。

    • 気になる点は最初に何でも質問してくださいね。

精密な検眼で最新の視力をチェック

  • 検眼ルームでは、2つのステップで度数を測ります。
    最初は眼に光を当てて近視や遠視、乱視などを判別し、どんなレンズが必要なのか確認。
    次に視力を測り、度の入ったレンズで矯正後の見え方をチェックします。
    勇成君は遠くのものがぼやけて見える近視でした。矯正レンズをつけると、はっきり見えることを実感してくれたようです。

    POINT

    • 成長期のお子さまの眼は、度数が変わりやすいもの。
      メガネ選びの前に、正確な度数をチェック!

メガネの魅力を知るヒケツは、たくさん試すこと!

  • つづいてフレーム選びに進みます。
    いろいろなデザインやカラーのフレームをかけてみるうちに、勇成くんはだんだんメガネに興味が出てきたようです。
    最初は目立たないメガネを希望していたお母さんも、メガネの形や色によって顔の印象が変わる楽しさを実感している様子。
    初めてだからこそ“かけず嫌い”にならないで、いろいろなフレームを試していくと、メガネ選びの幅が大きく広がります。

    POINT

    • 見た目とかけた時の印象はけっこう違います。気になったら、まずはトライしてください。

お子さまの意見を尊重してメガネ選びを進めると◎

  • いろいろなメガネを試して楽しんだら、次は「いいな」と思ったフレームの形や色を絞っていきましょう。
    お母さんは可愛らしい印象の丸いフレームのほうが好みのようでしたが、勇成くんが気に入ったのは、カッコいい印象の四角いフレーム。
    その中から大好きなブルー系の色でさらに絞っていきます。
    大切なのはそのメガネをかけたいとお子さま本人が思うこと。
    お気に入りのアイテムとして大切に使ってもらうために、勇成くんの希望を尊重してメガネを選んでいきます。

    POINT

    • 「自分で選んだ」という実感から、メガネを大事にする気持ちが生まれます。

メガネ選びで最終的に迷ったら、もう一度どんな時にメガネをかけるか考えて、機能性を比べましょう。
お気に入りの1本が決まれば、さっそく視力に合ったレンズを入れる加工を行います。通常は1週間~10日間ぐらいで出来上がります。
★レンズの汚れ・キズを防ぐコーティング加工もおすすめです。

1週間~10日後。ついに、はじめてのメガネが完成!

長いおつき合いに必要なのは、正しい取り扱いとメンテナンス

  • メガネが出来上がったら、最終的なフィッティングを行います。
    きちんと顔にフィットするメガネに調整するために、欠かせない作業です。
    レンズやノーズパッドの位置、サイドフレームのバランス、かけた時の痛みがないかなど、細かく調整していきます。
    勇成くんは自分の選んだメガネをかけて、今まで見えなかったものがきちんと見えていることがとてもうれしいようです。

    POINT

    • メガネの負担を軽減し、安全に使用するために、フィッティング調整は不可欠です。

  • そして最後に、メンテナンスについてお話します。
    かけ外しの仕方やレンズのお手入れなど、お子さま自身がメガネの取り扱い方法を理解し、進んでケアできるよう、わかりやすくご説明します。
    真剣に聞いてくれた勇成くんなら、きっとメガネのお手入れも大丈夫。
    大切に使ってくれそうです。
    また、成長期のお子さまのメガネは度数やサイズが変わりやすいため、3ヶ月に1回程度のメンテナンスをおすすめしています。
    検眼やフィッティング調整はもちろん無料。
    今後の視力低下やメガネのトラブルなどを気にしていたお母さんも、気軽にメンテナンスや相談ができると知って、とても安心されたようです。

    POINT

    • 使いはじめる前にお子さま自身が正しい扱い方を覚えると、メガネが長持ちしますよ。

    • お子さまの眼の健康とメガネの破損防止のために、定期的なメンテナンスを!

初めてのメガネ選びを終えて

  • いろいろ選べて楽しかった!

    • いろんなメガネを試したときが、いちばん面白かったな。
      最初はちょっと恥ずかしかったけど、すぐに慣れたよ。
      カッコいいのが見つかったから、友達に自慢するんだ!

      いさな

      勇成くん

  • 子どものお気に入りを見つけられました

    • 選んでいるあいだ、勇成はすごく楽しそうでした。好みや希望を上手に引き出してくださったおかげです。
      私とふたりだったら、自分の好みで決めてしまってたんじゃないかしら?
      子どもに選ばせるって大切ですね。

      お母さん